転職先の内定から退職までの流れ

転職先の内定から退職までの流れ

 今の仕事を続けながら、密かに転職活動を行っていた場合、転職先の内定をもらう事ができたら、直ちに退職に向けて行動する必要があります。

 

退職日の決定

 退職する場合、民法上は意思表示をしてから2週間で退職をする事が可能になっています。しかし、社会人として、民法上がそうだからと、今の会社に迷惑をかけて退職する事はお勧めできません。その為、まずは、社内規定などを再確認し、会社の規定がどのようの設定されているのか確認します。その上で、直属の上司に退職の旨を伝え、引継ぎなどの流れを相談します。

 

退職日までに行う事

 退職日が決定したら、まず、それまでのどのような引継ぎが必要かなど確認します。その上で、自身のパソコンのデータ管理や身の回りの整理。お世話になった人への挨拶回りなど、社会人としてすべきことを行います。

 

一般的な入社日までの期間

 一般的に仕事を行いながら転職活動を行っていた人の内定から入社日までの期間は、内定から1ヶ月〜2ヶ月後が一般的になっています。退職するまでに2週間が最低必要といった事からも、この期間が妥当だという事が言えます。しかし、万が一、今の会社の都合などで入社日の変更を申し出る場合は、早めに対応する事が大切です。

ホーム RSS購読 サイトマップ