35歳の転職ガイド

35歳が転職で今すぐ出来る実践的テクニック

 

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
求人件数業界トップクラスを誇り、非公開求人も多数掲載

 

 

1. 転職と年齢について

 

 転職を希望している人は、準備が整ったらなるべく早く転職することをおすすめです。何故なら、年齢を重ねると転職はどんどん不利になってしまうからです。

 

 特に女性は男性よりも年齢で合否が分かれるケースが多く、そのことも踏まえて検討する必要があります。転職者の募集内容を見てみると、年齢についてリアル感が沸くことでしょう。

 

 日本では昇給制度がとられており、年齢とともに給料がアップするのが通例です。そのため転職年齢は低い方が好まれる傾向が強いのです。

 

 近年では中途採用枠についても積極的な企業が多く見られますが、転職リミット目安は大方35歳までとしているところがほとんどです。転職を希望しているなら、「35歳リミット」を頭に入れ行動することをおすすめします。

 

2. これが最後の転職だと腹をくくること

 

 近年中途採用枠が増えていますが、男性でも35歳を過ぎると急激に転職が難しい世代となってきます。大きな要因して「賃金」との関わりが深いと言われていますが、30代となると昇進する人もおり、「自分より年齢が上の部下は使いづらい」といった事情も含まれています。このようなことから、30代前半の転職は「最後の転職」と位置づけ、慎重に行うことが大事です。

 

 ★ここがポイント!
ポイント1:生涯働ける会社か見極める

 

 転職は年齢とともに条件が悪くなり、転職年齢が比較的長い男性でも35歳がリミットだと言われています。35歳を超える求人は管理職採用か大幅に条件が悪化してしまうものがほとんどです。したがって「生涯働ける会社」を基準とし、自問自答しつつ検討することが大事と言えます。

 

 

ポイント2:最後の転職先としてふさわしい職場かじっくり検討する

 

 転職者の成功例で年齢層を見てみると、30代前半までが圧倒的に多い状況です。そうしたことから「最後の転職先」としてじっくり検討することが大事です。将来性はあるか?給料的に問題ないか?能力を評価してもらえるか?など吟味する必要があります。

 

おわりに

 35歳は転職の節目とも言える年齢であり、キャリアアップを目指すなら最後の転職の場として踏まえることがとても大事です。

 

 転職年齢の幅が広いと言われる男性であっても、35歳を過ぎると転職条件は圧倒に不利になるため転職にあたっても「最後の職場」ということを強く意識し、定年まで働けるか?昇給など将来性はあるか?を見極めることが肝心です。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ